犬との暮らし

犬の食器はどんなことを重視して選べば良いの?


みなさん、
犬の食器は何を使ってますか?

最近では犬の食器でもデザイン性や機能性の高い
おしゃれなものがたくさん出ています。

どんな犬の食器を選んだらいいのか迷ってしまいますが、
ついつい飼い主目線で選びがち。

選ぶ基準としては
・値段
・デザイン
・食べやすさ
・安全性
といったところがポイントに。

ここからは犬の食器の選び方を
テーマ別に見ていきたいと思います。

犬の食器の値段は?


>>FLAVOR. フレーバー ウッドグッドボウル ステンレス

値段はピンキリですが
安いものだと数百円から
高いものだと数千円のものまであります。

デザインを気にしなければ
値段が安いからといって悪いというわけではなく
結構使い勝手もよくリーズナブルという感じのものが多いです。

犬の食器のデザインは?


>>ホッタハブ FuzzYard フードボウル チェック M レッド

デザインについては
カラフルでおしゃれなものからシックなものまで様々ですが、
ここはどうしても飼い主目線になってしまいがちです。

正直、愛犬にとっては見た目のデザインはさほど重要でも
ないかと思いますが、食べやすさという点では
高さや形状などは重視すべきポイントでしょう!

犬の食器で食べやすい形は?

犬の首の負担なども考えて傾斜をつけたり、
こぼれ落ちを防いだりと食べやすいように
工夫の施された食器もたくさん出ていますので
愛犬に合ったサイズや形状の食器を選んであげたいですね!

 


>>【 犬猫食器台 】iDog Living Keat Extra キートエキストラ フードボウル別売


通常のボウル型のものを使っていて、高さをつけたいときは
食器台を追加して利用すると便利です。

 

 


>>◎Outward Hound ファン&スロウフィーダーボウル

また、機能性という面では
早食い防止などに配慮された
特殊な形をしたものもあります。

犬の食器の安全性は?

安全性で特に重要なのは食器の材質です。

・ガラス製
・木製
・ステンレス製
・陶器製
・シリコン製
・プラスチック製
など

上記の中で特に気をつけたいのが
プラスチック製のものです。

人においてもプラスチックの危険性が多く囁かれていますよね。

ワンちゃんへの影響はどうかというと
数々の動物実験からも悪影響が出ていることを考えると
危険であることは言うまでもありません。

 

プラスチックの悪影響とは?

犬へのプラスチック影響もさることながら
それ以前に人体や自然環境への影響を少し見ていきたいと思います。

色々な食器や保存容器など
私たちの生活では欠かせない便利なプラスチック製品ですが
残念ながら少なからず人の健康や地球の環境に
悪影響を与えていることは否定できません。
マイクロプラスチック汚染など今や世界問題になっています。

私たちが使っている製品に含まれているプラスチックには
どんな種類があるのでしょうか?

見分け方は製品の裏にある三角マークと
その中の数字を見ることで確認できます。
ただし、全てのプラスチックが
同レベルの害を与える有害物質というわけではなさそうです。

健康被害も長年かけて蓄積されるようなものであり、
危険かどうかはグレーな部分も多いです。

ここからはプラスチック製品を見ることで
健康や環境を考えるきっかけになればいいなということで
プラスチックの種類について少し見ていきたいと思います。

プラスチックが使われている代表的な製品

ペットボトル


ポリエチレンテレフタレート(PET)
人間のホルモンに悪影響を与える化学物質が含まれていると言われています。

ある研究結果では
ペットボトルを何度も使いまわすと、
発がん物質などの成分が、安全な値を超えて飲み物に溶け出すだけでなく
雑菌などが繁殖して非常に危険であることも明らかにされていますので
注意が必要です。

化粧品やシャンプーなどの家庭用容器や、ポリタンクなど

高密度ポリエチレン(HDPE)
私たちの飲料水やその他の物質に化学物質が入ってしまう原因となります。

買い物袋などのプラスチック製の袋や食品のラップなど

低密度ポリエチレン(LDP)
水の中に化学物質が流れ出すという環境への悪影響が報告されています。

赤ちゃん用ボトルの容器

ポリ塩化ビニル(PVCまたは3V)
人間のホルモンの働きを妨害する非常に危険な有害物質を発生するプラスチックです。

シロップやヨーグルトなどの容器として
一般的に使われている透明、または白いプラスチック

ポリプロピレン(PP)
比較的「安全」と考えられていますが、できるだけ使わないようにした方がよいでしょう。

ファストフード店の容器や使い捨てコーヒーカップなど

ポリスチレン(PS)
ガンをはじめとする疾患を発症する原因となる成分を含んでいます。

スポーツドリンクの容器など

ポリカーボネート(PC)
人間の体に非常に有害な物質を含んでいる、とても危険な種類のプラスチックです。

缶詰製品など

一部の食器や食品缶詰・飲料缶の内側のコーティング、食品用ラップには

プラスチック合成に使われる危険な成分ビスフェノールA(BPA)が含まれています。

BPAは、複数の動物実験で、大量に摂取すると生殖器や神経系などに
深刻な問題を引き起こす可能性があることが示されています。

プラスチックの危険からワンちゃんを守るために

日常的に至るところで使われている
プラスチック製品を避けることは不可能に近いですが、

できる限りプラスチックや
その有害物質にさらされないように過ごすことで
人やワンちゃんはもちろん、その他の動物や環境を守っていきたいですよね!

まとめ

・ペットボトルやプラスチック製のボトルを使いまわして散歩時の水に利用しない
・プラスチックで包装された食品や飲料を与えない・ご飯のお皿にプラスチック容器を使用しない
・100%食品耐性のある缶詰だけを与える。
・犬のおもちゃにプラスチック製のものを与えない(犬の誤飲で最も多いのもプラスチック製品)

できることから取り組んでいきましょう!

>>缶詰タイプをご愛用の方におすすめのドッグフードはこちら

我が家に待望の犬の食器が!

我が家でもプラスチックの危険性は感じていたものの
材質というよりはデザイン製や機能性が良いものをメインに使っていました。

しかし、愛犬の健康を考えるとできるだけ安全なものを
という意識は次第に強くなっていきました。

早くプラスチック製はやめて
安全な材質でハナペチャのワンちゃんにも
食べやすそうな形状のものを探していたところ・・・

これだ!と見つけてオーダーしてから
およそ半年!やっときたのがこちら

inunosara  (tomoni CLASS)

材質は半磁器ですが
陶器に比べると強度が強く、吸水性も低い。

しかもどっしりとしていて安定感もいい。

食洗機にも使えて、電子レンジで適度な温めにも使えるなど
使い勝手はすごく良さそうです。

実際のワンちゃんの食べ心地はどうでしょうか?
いつもの手作り食を入れてみるとこんな感じ!

いつものように勢いよく食べ始めてくれました。
順調に食べてくれています。

こぼれ落ちもなくキレイにペロリ!


見事に完食です!!!

独特な形状が特徴のこのお皿はふちにフードストッパー(返し)がついていて、
少し丸みのある鉢型で直径を大きくし顔が汚れにくいようにデザインされています。

器の内側中央からふちにかけてらせん状の溝のようなものがあるのですが、
これによりご飯が滑って逃げにくいように設計されているそうです。

ご飯がこぼれにくく顔も汚れにくいように考えられていて
ウチのようなハナペチャのワンちゃんには
ぴったりのデザインでした!

製作は一人の作家さんがろくろ形成から最後まで
全ての工程を一人で仕上げているというのも魅力的です。

少量生産のため製品が到着するまで首を長くして待つ必要がありますが
待った甲斐も十分あるほどのクオリティの良さで大満足です。

ですので人気商品ということもあり、売り切れも早く、
受注もストップ状態になっている場合はご了承ください。
>>inunosara 販売サイトはこちら

 

犬之助
犬之助
新しい食器はどうかな?
おブヒ
おブヒ
食べやすかったワン!こぼれ落ちたご飯を食べる2度の楽しみは無くなったけど、キレイに食べれて嬉しいワン!
イヌ美
イヌ美
いい買い物だったわね!半年待った甲斐があったわ!
犬之助
犬之助
割らないように大事に使わないとね!
イヌ美
イヌ美
丁寧に洗ってね!
おブヒ
おブヒ
ブヒ!

ドッグフードも一緒に犬の食器も見てみたいという方へのおすすめショップはこちら!
>>プレミアムドッグフード専門店POCHI

特にステンレス製や磁器製のものがおすすめです!
その他、愛犬の健康を考えてラインナップされている
プレミアムドッグフードもぜひご覧ください。